トップページ >  > 定期配送でないところがいい

定期配送でないところがいい

一日の中で、人が摂取すべき水の量は大体2~2.5リットルとされています。この量を全てごくごく飲むのではなく、食べ物や汁物も含めての量ですから、実際に飲む水の量は約1~1.5リットルというのが一般的です。一人暮らしさんにとって消費する水の量は性別、年齢、職種などによって大きな違いがあるので、お届けしてもらう水は様子を見ながら注文する都度注文または一定の期間で配送してくれる定期配送にするべきか。そんな視点で比較してみます。

フレシャス アルピナウォーター ジェイウォーター プレミアムウォーター オーケンウォーター
1ヶ月間の水代金 4,260円 2,844円 3,980円 3,584円 3,800円
ボトル金額 1,065円/7.2L 948円/12L 995円/6.2L 1,792円/12L 1,180~1,900円/12L
月のノルマ本数(量) 4パック(28.8L) なし※1回の注文は3本以上 4パック(24.8L) 2本(24L) 2本(24L)
定期配送
1ヶ月休止OK

最大3ヶ月休止OK

最大69日休止OK

1ヶ月休止OK
都度注文
1年間の水代金(休止なし) 51,120円 34,128円 47,760円 43,008円 45,600円

メリット デメリット
都度注文 ・水のムダがない(費用のムダもない)
・自分の生活スタイルに合わせて調節できる
・その都度発注の手間がある
・水ボトルが再利用の場合、次回注文まで空ボトルが溜まっていく
・注文を忘れると飲みたい時に飲めない
定期配送 ・発注の手間がない
・水が消費できなくなったら一定の期間、休止OKなので上手に活用してムダを省く
・不在時は不在票を投函してくれる(再配達可能)
・うっかりしていると消費できない水が溜まっていく

都度注文が向いてる人!

とにかく費用を重視する人、家にいてもほとんど料理をしない人、家に寝るためだけに帰ってくる人には都度注文がおススメ。配達の日時も指定できるので、受取りもスムーズです。 上の表を参考にすると、都度注文システムを導入しているのはアルピナウォーターのみ。圧倒的なローコストでお財布にやさしいウォーターサーバーです。 都度注文で気楽に始められるアルピナ!

定期配送が向いてる人!

とにかく水をたくさん消費する人、料理好きな人やお茶・コーヒーをたくさん摂取する人には定期配送がおススメ。定期配送といえども休止期間を設けているので、うまく利用してみましょう。総合力でいえばフレシャスを強くおススメします。サーバーのデザインがオシャレな上、水を使い終わった後のパックの処理など、とっても手軽に始められますよ。 水をたくさん消費する人は断然フレシャス!

一日の中で、人が摂取すべき水の量は大体2~2.5リットルとされています。この量を全てごくごく飲むので...