トップページ >  > 採水地で選ぶウォーターサーバー

採水地で選ぶウォーターサーバー

東北大震災以降、福島第一原発の事故により放射性物質が心配という人が多くなりました。 水道水はいくら安全といってもより安全性を求めてウォーターサーバーを導入する家庭が増えています。 ウォーターサーバーの各会社では震災以降、水質検査を毎日行い公表しているので安心といえるでしょう。


気になる方はROろ過の水。 NASAで開発されたというろ過方式で、ヨウ素、セシウム、プルトニウムなどの放射性物質よりも小さい膜でろ過します。 ただ、ミネラル分も全てろ過されてしまうため、ろ過した水に更にミネラルを人工的に加えたミネラルウォーターです。 放射性物質が心配で仕方ないという人はこのRO膜でろ過された水を選ぶと良いでしょう。


じゃあ、東日本に近い天然水は危険なのか?というと、そうではありません。 天然水は地下水から汲み上げた水です。 採水される地下水は、実際には何十年、何百年かけて自然のフィルターでろ過されている水です。 放射性物質の影響が出るとしても何十年もかかるということなので、心配はありません。 もちろん水質検査も行われていますので。


もともと日本の安全基準は世界的に見ても高いので、そうそう心配する必要はありませんが、 どうしても心配な人は西日本の水や、ハワイの水を選んでおけば心配はないですよ^^


採水地から選ぶ

※クリックで全国の地域情報がご覧頂けます。
西日本の天然水なら心配性の人でも安心!

天然水が飲みたい!でも放射性物質がとにかく心配、という人は採水地が西日本の天然水を選びましょう。
西日本の天然水を扱っている業者
ジェイウォーター・・・九州の熊本の天然水
オーケンウォーター・・・静岡、大分、京都、島根の天然水から選べる。4つのうち3つが西日本の天然水
コスモウォーター・・・静岡、大分、京都、島根の天然水から選べる。4つのうち3つが西日本の天然水
アクアセレクト・・・三重県の天然水
その他、ハワイウォーターではハワイの水が原水ですので、放射性物質の心配はいりませんね。
もちろん採水地も大事ですが、水の衛生状態はサーバーによっても変わってきますので、総合的に考えてウォーターサーバーを選ぶのが良いかと思います。

東北大震災以降、福島第一原発の事故により放射性物質が心配という人が多くなりました。 水道水はいくら...